皆様こんにちは!

赤星里奈です(^^)

ここ最近、ピアノを置いてる部屋が暑く、

冷房(前の住人が置いていったらしい)を

つけたのですが、まっったく効かない…

これ壊れてるんや〜残念。。

と、猛暑の中練習してたら、

窓用クーラー=窓開けて使う

ことを先程知り、窓開けたら天国かのような

冷風が出てまいりました(・∀・)!!!

(前置き長い)

そんなこんなでソロリサイタルに向けて

準備をしているわけですが、

しっかりとしたホールでソロでの

演奏会は約一年ぶり。

こんなこと言ったらあかん気もするんですが、

リサイタル終わったあとって、

あーーもう一生やらへん!!!

とか思うんですよねぇ。笑

だって大変なんだもん。笑笑

でもまたやりたい曲が出てきて

弾きたい弾きたい弾きたい〜!!!

ってなって結局リサイタルやっちゃう。。

結局ピアノの魅力に負けてるわけです(^o^;)

で、今回選んだ中でも特に有名なのは

おそらくベートーヴェンの「悲愴」では

ないかと思います。

だいたいチケットをご予約してくださる方は、

ベートーヴェン、楽しみにしてます♪

と言われ、

ありがとうございます♪

と余裕の表情で返信してると見せかけて

内心

ヤバイヤバイヤバイベートーヴェンタノシミニシテハルラシイドナイショガンバラナガンバレルワタシガンバレル!!!

ってなってます(^^)笑

いやまぁこれは冗談として…

「悲愴」ってベートーヴェンのピアノソナタの中でも

本当によく演奏されるし、

これまでの偉大なピアニストほぼみんな

録音残してるんじゃない!?

っていうぐらい最も名演の多い作品の

ひとつに数えられるし、

演奏も好みも本当にそれぞれ。

いろんな演奏を聴いたけど本当に多種多様。

世界の名ピアニストがたっくさん演奏してる曲を

さてどうわたしが演奏しようか…

考えれば考えるほどドツボにはまっていくような。

わたしのベートーヴェンは極度に日々変化します。笑

密かな名曲第28番を勉強してた時なんて

楽譜真っ黒になった記憶が。。

それもまた今弾けば違うんだろうし。

余談ですが、コンクールや入試の課題に

ベートーヴェンはよく入っているのですが

それが表しているように

ベートーヴェンを弾くといろいろとバレるのです。

=リサイタルでベートーヴェンを取り上げることは

勇気のいること!

なのにも関わらず今までの全リサイタルに

ベートーヴェンソナタを入れてしまっているわたし。。笑

1回目→28番

2回目→月光ソナタ

3回目→30番

4回目→悲愴←New!

なんなら大学の卒業試験も

ベートーヴェンソナタを弾いて

教授の先生にその勇気を讃えられました。

(演奏は別として(笑))

まぁわたしは勇者でもなんでもなく

ただベートーヴェンが好き!

という気持ちが勝ってしまって

プログラムに入れて

リサイタル直前で後悔するとかしないとか。。笑

最近わたしは思うのです。

このどうしようもないピアニストの

はしくれのささくれのささがきである

赤星里奈。

このご時世履いて捨てるほどいるピアノ弾き。

それなりに、自分なりに勉強してきたけども

これまで立派な経歴を残したわけでも

素晴らしいコンクールに優勝したわけでもないわたし。

だから、誰よりも素晴らしい演奏したるでーい!!

なんぞおこがましいことは思ってないんです。

良くも悪くもね。

ただ、今のわたしが思う「悲愴」を演奏したい。

そして、それを

「なんかわからんけどこの演奏好きやわ〜」

とか

「なんか好感持てるわ〜」

とか

「もっと聴きたいわ〜」

とか思ってくださる方がいたなら

嬉しいな〜と思います。

本番で付け焼き刃しても

わたし以上のものも出なければ

もし失敗しても今まできちんと

音楽に、ベートーヴェンに向き合ってきたことは

出せるかなぁ、と。

そんな心持ちでいます(^^)

7月15日(日)14時開演

あと少しで満席でございます♪

ぜひとも皆様お誘い合わせの上

ご来場お待ちいたしております!

チケットのお問い合わせは

このホームページのお問い合わせよりお願いします♪

それではおやすみなさい♪

赤星里奈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。