みなさまこんばんは♪

常にご無沙汰な赤星里奈です(^^)/笑

SNSを正直使い分けられておらず

でもそれぞれ見ていただいてる方が違うので

こちらでもご報告いたしますと、

4月1日より、東京で暮らすことになりました♪

東京藝大の別科という課程で

さらにピアノを学びます♪

番号あった〜!!!の顔。笑

実は去年の春くらいに

別科という課程の存在を知りました。

一昨年の6月に帰国し、その後大阪に

越してきてから、いろいろなお仕事をいただき

演奏させていただきました。

とても有難い状況ではあったものの

自分の力不足をひしひしと

感じる毎日でもありました。

わたしは決して器用な方ではないです。

不器用です。

スマホで文打ちながら誰かと対話する

とかも無理です。

ひとつのことしかできません。笑

毎日まいにち本番をこなせるほど

器用でもタフでもありません。

どんどん本番に「慣れて」行くことに

違和感を感じ

本番を「こなす」ことにも
違和感を感じまくり
自分にとっては精神的に
苦しい日々でもありました。

お仕事を、演奏の機会をいただけて
ありがたい。心の底から。

でも全てに100%で挑めていない。

もちろん手を抜いているわけではないです。

常にMAX全力です。

めっちゃ眠いけどめっちゃ練習してました。

本番がありすぎて単純に

ひとつの曲に時間をかけられない。

今思えば自己管理しなさいよ、と思うのですが、

駆け出しのピアニストにせっかく

下さったお仕事、断るという選択肢は

その時はありませんでした。

でもそんな状態では
来てくださる方に失礼。
依頼してくださる方に失礼。
共演者に失礼。

ありがたいのに苦しい。
そう思う自分の贅沢さ、わがままさに
嫌気がさす。

でもこのまま苦し紛れな本番で
自分が出したくない音ばかり並べてたら
本当に本番が嫌になってしまうんじゃないか。

それでもやらないと、弾かないといけないことは
十分にわかっている。

そしてその演奏でも良い、と言ってくださる方がいて
100%のわたしの演奏など
特に求められていなかったかもしれない。

となると、結局は自分のプライドの問題。
結局は自分のわがまま。

「もっと音楽を勉強したい!」
というわがまま。
もうじゅうぶん、20年はピアノを弾いている。

勉強勉強と甘えてないで
社会に貢献しろ。

そんな声が聞こえてくる。

「これ以上何を勉強するの?」
と呆れた顔で言われたこともある。

でも、やっぱり自分のできなさには
耐えられないものがありました。

ただ音並べただけの
何も踏み込んでいない音
わたしは聴きたくない。

作曲家にも失礼だし。

わたしも伊達にこれまで
やってきたわけではないので
本気で向き合ってその演奏なのか
全然練ってなくて譜読んだだけで
演奏してるのかぐらい
簡単にわかるし。笑

理想は、さらっと弾いただけでもう
音楽になっていて素晴らしい演奏!
という境地。
実際練習せずとも超うまい人って
いるもんな〜。

でもその才能を恨んだって
わたしには降ってこないし
時間がかかるけど努力するしかないな!

と思ったわけです。

何を隠そう、わたし昔は超絶サボりマンで
(今ももっと努力しなければいけないけど)
中学の時もめっちゃ下手やったし
高校の時もほんまに下手やったし
今思えば全然自発的に
頑張ってなかったし
いろいろと意味がわかってなかったけど
愛知県芸に行ったときぐらいから
ほんとにピアノ楽しいし
「好きで弾いているから頑張りたい!」
と思うようになりました。

なのでスタートがおそらくみんなより
遅かったし、
忘れもしない、県芸の成績開示で
実技ほぼ最下位(多分)で
ギリギリ入学やったし、
そこから4年間勉強させてもらって
ドイツでも素晴らしい先生に見ていただけて
そんでもうちょっと勉強したいな!
まだ実力足りないな!

って思っています。。

今回の受験、最初は本当に
絶対無理だと思ってました。

東京藝大に通うなんてわたしが言うこと自体
本当に恥ずかしいことだと思ってたし。

でも自信がないわたしに
周りの人たちが勇気を持たせてくれて
心から信じてくれたおかげで
今回合格できたと思っています!

正直、いろんなご意見があると思っています。

この歳になって学生?甘えるな!とか
今さら遅い、とか

皆さんが思いつきそうなご意見は
わたしはとうに思いついて
熟考した結果、受験を決めたので
どうか応援していただけると嬉しいですm(_ _)m

とは言っても、今後も変わらず音楽活動は
積極的に続けていきますし
しっかり勉強して、
皆様により良い演奏を
お届けしたいというのがわたしの望みです♪

それから、合格した〜!とフェイスブックに書いたら
たくさんの方におめでとうと言っていただけて
超絶ハピネスで一生分のおめでとうを
多分言ってもらったのです。

ただ、結果って必ずしも努力に
ついてくるわけではないです(;O;)

昔、何をやってもうまくならず
苦しかった時期があったことを
思い出します。

周りのみんなは結果を出して
お祝いしてもらって
「頑張ったね!」
と言ってもらって。いいなー(;O;)

と、まぁ単純にひねくれているわけですが

結果が出たから頑張った
結果が出ないから頑張ってない

では、必ずしもないっていうことです。

苦しかった時期に

本当に応援して欲しいのは
奈落の底にいる「今」なのに
本当に頑張っているのは「今」なのに
誰も気づいてくれない。。悲しみ。

と思ってました。笑

わたしだっていちいち書いてないだけで
死ぬほど落選してますし、
誰もわざわざ

「コンクール落選のお知らせ★ポトッ」

ていうブログ書かへんと思うし。笑

今回の合格を通じてそんな気持ちをも
思い出して、
生徒さんが頑張ってもうまく行かないときこそ
手を差し伸べてあげられる先生でいよう!
と思ったのでした(^^)

受験会場に行ったとき、
わたしは基本的に自分に自信が
ありませんが、本番当日は
ありったけの自信を持っていくのですが
会場についてものすごく恐ろしくなりました。

全員本気なのは確か。
隣の人おぞましいぐらいの楽譜の書き込み。
みんなそれぞれがそれぞれの方法で
集中できる状況を作っている。

でも!この中で確実に
誰かが落ちる。
誰かが選ばれる。

そんなことを思って恐ろしや〜(´;ω;`)って
なりました。

今回は運や周りの方の支え、
先生の支え、家族の協力
全てのおかげでまた2年間勉強できることに
なりました!!!

そのことを胸に、貴重な毎日を
大切に過ごしたいと思っています!

以上、赤星里奈よりご報告でした(^^)/

今の夢は、うまくなりたいのはもちろんですが

またオケとコンチェルトしたい!

ベートーヴェンの4番!!!

書いてたら叶わへんかな?笑笑

とにもかくにも大きな目標に向かうため

小さなことから日々頑張りたいと思います!

皆様いつもありがとうございます。

これからも精一杯がんばりますので
よろしくお願い申し上げます。

赤星 里奈

One thought to “お知らせ。正直な気持ちを気兼ねなく書くの巻。”

  1. 新天地ですね❗️また大阪に戻って来たときにお会い出来るのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。