Rina

滋賀県立石山高等学校音楽科、愛知県立芸術大学音楽学部卒業。大学在学中、選抜され定期演奏会や新進演奏家コンサートなどに出演。卒業後、ロータリー財団地区補助金奨学金を受け渡独。ドイツ国立ロストック音楽演劇大学修士課程を最優秀の成績で卒業。

在学中より日本、ドイツで積極的に演奏活動を行う。近江八幡ロータリー奨学会、及びAd infinitum faundation奨学生。

2002年、第26回ピティナピアノコンペティションデュオ中級西日本大会第一位、全国決勝大会奨励賞。

2005年、第21回滋賀県高校生ピアノコンクール第二位。

2010年、第9回宝塚ベガ学生ピアノコンクール入選。第28回滋賀県ピアノコンクール学生・一般部門第三位(最高位)。

2012年、第29回愛知ピアノコンクール金賞、中日新聞社賞。

2013年、第14回大阪国際音楽コンクールピアノAge-U部門エスポワール賞。

2014年、宮本妥子プロデュース「湖鼓から未来へ2013」にて選出され、初のソロリサイタルを行う。

2017年、Giorgos Thymis国際ピアノコンクール(ギリシャ)セミファイナリスト。第16回滋賀県新人演奏会優秀賞。

2018年、初のソロアルバム「Neue Welt~新しい世界~」をリリース。山田貞夫音楽賞受賞。

これまでに、フェリックス ゴットリープ、リーリャ ジルベルシュタイン、ジャック ルヴィエ、ヴォルフガング グレムザー、パヴェル ギリロフ、マティアス キルシュネライト、アーヌルフ フォン アルニム各氏の指導を受け、福留真循、多川響子、河江優、服部久美子、北住淳、ベァント ツァック、松下彩の各氏に師事。

現在、積極的に演奏活動を行いながら、東京藝術大学別科に在籍し、角野裕氏の下で研鑽を積む。